top of page

12/10(土)-11(日) 演劇実験会 in 石巻シアターキネマティカ


複数の演出家、俳優が「今、演劇で実験したいこと」を持ちより、 他の演出家のクリエーション過程や俳優の稽古風景を共有しつつ、 実験的且つ即興的に創り上げていく舞台作品です。今回はガレキの太鼓の演出家でもある館そらみさんと、演劇企画集団LondonPANDA主宰の大河原準介氏が、石巻シアターキネマティカにて、俳優たちと創作していきます。普段なかなか見ることのできないプロの演出家・俳優の実験的創作風景をご覧ください。


●詳細(公式ページ https://engekizikkennkai.hp.peraichi.com/okai



【日時】  12月10日(土) 10:00~18:00  12月11日(日) 13:00~18:00  ※お好きな時間に出入り自由です。  ※10日の12時~13時は昼休憩になります。 ・実験会を現地で目撃してみる ⇒ 各日 2,000円  (石巻市民・学生割引あり) ・実験会を配信で目撃してみる ⇒ 1,500円  (アーカイブあり)  <同時開催>未経験者向け演劇ワークショップ  12月11日(日) 10:00~12:00  参加費 500円  未経験・微経験者向けに、『記憶』を使った演劇ワークショップも開催。  ぜひお気軽に、奮ってご参加ください。


【会場】 シアターキネマティカ(石巻市中央1-3-12)  配信会場はお申し込みの方に別途ご連絡いたします。




【各種チケット予約 】


◆ 演出家および出演者(随時公開) ◆  舘そらみ(演出家)  ~ 演出家・脚本家・アートディレクター ~

ガレキの太鼓の脚本と演出を担当。脚本家・舞台演出家・地域おこし。 東京生まれ、幼少期をトルコとコスタ・リカで過ごす。高校時代に学生秘書・ キャバクラ勤務・慶應義塾 大学在学中にバックパッカー・卒業後就職 するも 1 年で退職。豊富すぎる人生経験を経て 2009 年に劇団を立ち上げ、青年団演出部 に所属。 その後約 9 年、脚本家・演出家として、作品を作り公演を重ねる。 同時に各地の小中高校での WS ファシリテーターとしても活動。 2015 年より映像分野にも進出し、以降多くのテレビドラマ脚本を手がける。自身の実体験や、繊細な感受性から紡ぎ出される「生々しく」て、日常に「気づき」をくれ、 視野を広げてくれるような作品性とユニークで生き生きとした台詞、言葉選びが特徴。 また 現在では、住居や活動拠点を1箇所に決めずに、日本各地、海外など各地を転々とする生活を送っている。

[主な作品] 舞台「止まらずの国」「吐くほどに眠る」「五月雨」「We can fly」他 ドラマ「来世ではちゃんとしますシリーズ」「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」「恋と弾丸」「私のシてくれないフェロモン彼氏」他 映画「私たちのハァハァ」「手」他


 大河原準介(演出家)  ~ 演劇企画集団LondonPANDA主宰・演出家・脚本家 ~

宮城県仙台市出身・在住。高校時代にイッセー尾形の1人芝居を観て衝撃を受ける。 お笑い芸人を経て、桐朋学園芸術短期大学専攻科演劇専攻修了。2007年に演劇企画集団LondonPANDAを東京・下北沢にて旗揚げ。2016年より地元仙台にて活動している。 “ポップ・ブラック・シュールな笑い”を合言葉に、毎回《近所に居そうだけと見 たことはない人々》をモチーフに作品を紡ぐ。

[主な作品] 舞台「本性」「平穏に不協和音が」「ROOM/MOOR」「おふとんのなか」他 [受賞歴] 2010年|佐藤佐吉賞(主催:王子小劇場)最優秀演出賞・優秀作品賞(vol.6『おふとんのなか』) 2012年|佐藤佐吉賞(主催:王子小劇場)優秀作品賞(vol.8『厨』) 2016年|若手演出家コンクール2016(主催:日本演出家協会)優秀賞 2018年|「CoRich舞台芸術まつり!2018春」最終審査選出




【お問い合わせ】

 シアターキネマティカ

 〒986-0822 宮城県石巻市中央一丁目3-12

 TEL:​0225-98-4765(月・火・木除く11〜17時)

 mail:kinema@r-ishinomaki.net





主催:オンライン演劇(仮称)を研究する会 略して『O会』


bottom of page