zFeiwN2e.jpg
97eZ4i1m.jpg
EElC3ZRUUAEOhVK.jpg

​会

EElC23gUEAAOOxd.jpg

仙台の縛り屋・縛仙会。そんな未知なる縛仙会から今回は「副番長」の陣が登場。本人にプロフィールを問えば「緊縛整体師」と一言。そして緊縛されるモデルとして参加されるのが、仙台の「縛られ系☆アイドル」みゆてん。今回は緊縛ショーと鞭を使ったSM的な演出も行う。

緊縛やSMはどこか怪しいイメージや、取っ付きづらいイメージがあるせいか、いわゆる「変態」という短絡的な印象だけを持たれて終わってしまいがち。いや変態で上等なのかも知れないけれども。むしろ、短い時間の中でも完璧さや哲学を求めるステージングへのこだわりを観に来てほしい。

陣氏は至って真剣に「女性から"カワイイ!"と感じてもらえるような、緊縛のイメージが変わるようなものを」「自分が主役ではなく、あくまで主役はモデルさん。照明は彼女に」と話す。誤解されやすいものだからこそ、そこに内包されている愛や、女性への敬意をもってステージングで伝えようとする心意気に、鬼迫と好感を覚えた。

「この人になら縛られてもいい」と思う女性も多いかも知れない。

実際に打ち合わせをし、物凄く手入れされ柔らかくなった縄に触れると、緊縛に対するイメージが変わった。これは関係性の美学である。